« ふわふわ浮かんでる感じ | トップページ | バンド再開 »

下宿な日々

 大学に入ってからず~っと、下宿に住んでいます。もう5年以上になります。今日は、そんな下宿での生活を紹介します。

 僕の住んでいる下宿は、学部1,2年生が通う川内北キャンパスから歩いて10分ほどの所にあります。僕の通っているキャンパス(青葉山キャンパス)は山の上にあり、下宿からは30分かかります。そのうち20分は山登りです。車も原付も持っていないので、毎日の山登りは正直しんどいです。

部屋は、大家さんの一室を間借りしています。部屋の広さは、驚きの四畳です。仙台に引っ越してきた時に、学習机とタンスを持ってきてしまったので、部屋のフリースペースは僅かしかありません。布団を敷くとそのスペースは一気になくなります。朝起きて、布団をたたみフリースペースを復活させる事から一日が始まります。

 食事は平日の朝晩に出ます。しかし、それ以外は外食かコンビニで買ってきたものを食べます。自炊する場所がないので、作ろうにもつくれないのが現実。

 お風呂とトイレは共同で、洗濯はコインランドリーみたいにお金を入れて使うシステムになっています。

 そんな下宿での生活には良いところと悪いところがあります。

良いところ。

  • バランスよい食事がとれる
  • 大家さんがいろいろ気を効かせてくれる(突然5雨の時には、洗濯物を避難してくれる)
  • 宅配便が届くのを気にして身動きがとれない事がない

逆に悪いところ。

  • 自炊しないので、料理が上手くならない
  • 大家さんの愚痴に付き合わされる(これがかなりの時間のロスになる)
  • あまりに狭すぎて友だちが呼べない

 そんな下宿での生活をしているので、来年就職して独身寮に入ったときに、恐らく不便を感じることはないと思います。居住空間は、今よりも良いことは間違いありません。しかし、これまで全く自炊してこなかったので、料理が上手く出来るかが気になっています。しかし、これまでず~っと、自炊する事には興味があったので、出来る限り料理をしたいなぁ、って思っています。

 そう考えると、やっぱり料理が出来る人を本当に尊敬します。

 今日は、あまりネタがなかったので、こんな所にしておきます。

あなたから目が離せない

松浦亜弥

 言わずと知れた"あやや"です。今回、彼女を取り上げた理由はズバリ、 プロ意識の高さを感じるから 素人目ではありますが、これほどまでにアイドルという職業に対して愛着を持ち、自信をもってアイドルやっていると感じる人はあまりいません。見てて気持ち良くなります。そんなプロ意識をもって仕事をしたいなぁ、っておもいます。

|

« ふわふわ浮かんでる感じ | トップページ | バンド再開 »

「水曜日」カテゴリの記事

コメント

実は、いつもひろせさんが登っているであろうその山に登った事があります☆
私の祖父母の家は宮城県白石市。そして父親はひろせさんと同じ大学&大学院出身者なのです!!なぜかそこの大学の図書館にも潜入した事があります♪
すごいでしょ~☆

投稿: こてきぃ | 2006年6月 8日 (木) 23時13分

え~、そうだったんだ!
もしかして、前に聞いた事あったっけ?
もしそうだったら、ごめんなさい。

図書館にも入ったことがあるとは、
さすがですな!

図書館にはだいぶお世話になりました。
結構、文系の学問にも興味があって
いろいろ本も借りてみたり。
「美学」は難しかったですが…

投稿: 管理人 | 2006年6月 9日 (金) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108320/2122406

この記事へのトラックバック一覧です: 下宿な日々:

« ふわふわ浮かんでる感じ | トップページ | バンド再開 »