« 皆様の優しさに感謝しております | トップページ | 喪に伏す »

DAWの誘惑

 こんばんは、先週からどうも腰が痛いです。腰痛に悩まされるのは、高校生の時以来の経験なので、何が原因なのかがイマイチわかりません。

 先週に修士論文が終わって、これから何をすべきかを考えると、思った以上にやる事がいっぱいある事に気づきました。思いつく限り列挙してみると、

  • 部屋の片付け
  • 知り合いのバンドのレコーディング & マスタリング ×2
  • 基本情報のe-Learning
  • 企画バンドでやる曲の練習
  • 修士論文の加筆 & 投稿論文用のデータの整理

やれる事からどんどんやっていかないと終わらないですよね。気を緩めている暇はどうやらないっぽいです。

 そんな状況であるにも拘らず、最近新しい事に手をつけています。それは、

JavaとRubyのお勉強

 会社に入って研修が終わった後は、おそらくPG (プログラマー)として仕事をすることになります。まぁ、将来的にはPM (プロジェクト・マネージャ)になるために自分を高めていくつもりなんですが、PGとしてオブジェクト指向の言語ってものを理解したいなぁ、って思ったんですよ。

 そこで、オブジェクト指向の言語としてコンパイルの必要なJavaと、スクリプト言語のRubyを勉強しようかと思って、最近本を読みながら例題をちょっとずつ解いています。

まだ勉強を始めたばかりなので、オブジェクト指向の強みについてまだ全然理解できていません。もう少し踏み込んでみる必要がありそうです。

 今日は、それに加えて以前レコーディングした音源を久しぶりにいじってみました。これまでコンプレッサーを使ったことがなかったので、ヴォーカルにコンプレッサーをかましてみました。厳密には、Maxmizerってやつですが…

 僕にレコーディングの手ほどきをしてくれた師匠であるサークルの先輩が、

「Maximizerを使うと、どこまでもでっかく出来る」

って言ってたんですが、スレッシュホールドを低くすると確かにでっかくなりました。適度にかけると、音圧のバラつきが抑えられてまとまった感じになるって印象を受けました。

 久しぶりにDAWをいじったんですが、波形をいじるのって楽しいですね。これをやり始めると、知らぬ間に時間が過ぎてしまいます。これでまた、睡眠時間が削られます…

まぁ、自業自得なんですが!

では、明日は早起きしようと思うので、これくらいにしておきます。お休みなさい!

今週の1枚

ASCENSION Music ASCENSION

アーティスト:MISIA
販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2007/02/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 『星空のライブⅢ』に入っている曲で気に入った曲が新作に入っていたので、買っちゃいました。Misiaの曲は、僕が中学生・高校生の頃に流行ってたテイストの曲が好きです。このアルバムで言うと、6曲目の『Stay in my heart』とか7曲目の『月』とか。

僕の中での典型的なR&Bのイメージの"ドン・タン・ドッドッ・タン"みたいなリズムの打ち込みの曲は、退屈に思っちゃうんですが…

|

« 皆様の優しさに感謝しております | トップページ | 喪に伏す »

「どうでもいい事」カテゴリの記事

「日曜日」カテゴリの記事

コメント

腰痛は本当に気をつけて!

俺も腰に怪我が多くて何かと悩まされています。

ヤバクなる前に姿勢を変える等の習慣をつけないと、大変な事になるかも!?

投稿: TAKESHEEN | 2007年2月18日 (日) 23時36分

そうですね。
今日は一日中姿勢に気を遣いながら生活してみました。

腰って肉付きに要って書くくらい大切な部分だと研究室の後輩に言われて確かに!って思いました。

投稿: 管理人 | 2007年2月20日 (火) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108320/5398311

この記事へのトラックバック一覧です: DAWの誘惑:

» 睡眠と腰痛 [睡眠障害情報局]
その素質にほれ込んだ渡辺謙の強い推薦で、同年のハリウッド映画「SAYURI」にも出演したエピソードの持ち主です。映画の都に乗り込んでも気後れすることなく、主演チャン・ツィイーの少女時代を好演。ハリウッドも「控室にお菓子が信じられないぐらいあってうれしかった」と無邪気に振り返るが「日本と変わらない気持ちで演技できました」と度胸も据わっている大後寿々花チャンです。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 18時30分

« 皆様の優しさに感謝しております | トップページ | 喪に伏す »