« 風邪うつされた | トップページ | 町田でさし飲み 2 »

マネージャ or スペシャリスト

 こんにちは、遅ればせながら金曜日の日記を書きます。

 前日にもらった風邪は治る事はなく、この日もマスクをつけて研修をしました。クラスメイトに、

「長老、今日も風邪?」

っていわれたので、

「デリカシーのない人にうつされたからね。」

って返したら、

「『うつされた』って言いなさんな!」

って言われてしまいました。もうちょっと、周りの事を考えて発言すべきだったって反省しました。

 午後から、グループの持株会社 (ホールディングス) の社長さんの講演を聞いてきました。前半は、会社が出来てからこれまでにどのように変化してきたかって歴史を話して、後半は現在、そして今後のIT業界の動きを踏まえたうえで、新入社員にどうなって欲しいかについて話していました。

 その中で出てきた『配属後にぜひやって欲しい事』って言うのがとても興味深かったのでちょっと紹介しますね。これは、将来自分がマネージャになりたいのか、スペシャリストになりたいのかで違うんです。

 マネージャ志望の人は、配属された部署の課長がどのように部下に対して采配を行っているかを見て、見習う所は自分の中に取り入れ、駄目な所は反面教師にして決して自分はやらないようにするんだそうです。

 一方、スペシャリスト志望の人は、配属された部署で一番仕事が出来る人を観察して、どうやって仕事をさばいているか、見えないところでどうやって勉強をしているかを探り、自分が出来るところから実行するんだそうです。

 自分のやりたい事や性格を客観的に判断するに、自分はバリバリのスペシャリスト志向だと思っています。社長の考えが的を射てるって思えるので、配属後に早速実践してみようと思いました。

 もうひとつ、面白いことを言っていました。日本のIT企業が外国に及ばない理由についてです。それは、

『日本人は、決められたルールの中で"正々堂々"勝負をしたがるが、アングロサクソン系の外国人は、ルールそのものを都合が良いように作ろうとする』

って事に起因していると言うのです。オリンピックのスキーのジャンプなんかがとてもいい例です。

やっぱり、トップに立つ人の考えって凄いって思いました。逆を言えば、だからこそグループのトップに立っているんでしょうね。

 研修が終わった後、クラスメイトと飲みに行きました。いつも一緒にいるメンバーに加えて、あまり一緒にお酒を飲んだことがない人達と今回は一緒でした。話は、やはりクラスの事、そして人事面談・配属の話が多かったです。

 入社して2ヶ月が経つので、徐々に悩みやら不満などが少しずつ出てくるわけで、お互い思っている事を言ってスッキリさせていました。みんなで思っている事を打ち明けると、自分の中には無い価値観を知ることが出来るので、僕はこういう機会はとっても好きです。

それが、たとえ愚痴であっても!でも、そればかりだと流石にキツいですけどね!

まぁ、総括するととても充実した"ハナキン"だったって事で良いですよね。

ではでは、

|

« 風邪うつされた | トップページ | 町田でさし飲み 2 »

「出来事」カテゴリの記事

「金曜日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108320/6814545

この記事へのトラックバック一覧です: マネージャ or スペシャリスト:

« 風邪うつされた | トップページ | 町田でさし飲み 2 »