« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

坂を攻めてきました

 こんばんは、今日奇跡の5時起きの僕です。

僕がこれだけ早起きをする時は、旅行か自転車のどちらかしかないと思います、たぶん。

 今日は、スポーツ自転車乗りが好きな『坂』を初めて攻めてきました。

いつも自転車のイベントに誘ってくださる方(前の職場の同僚の方)に誘ってもらって、三重県の二ノ瀬にある峠に行きました。

 この日は、朝からグダグダでした。まずは、遅刻しました。

 集合場所まで自転車で35 kmほど自走して行ったのですが、所要時間を短く見積もり過ぎたのと、途中で道に迷ったせいで、1時間も遅れてしまいました。

(途中で電話して、先に行っててもらいましたが…)

 途中でコンビニの兄ちゃんに行き方を教えてもらったりして、何とか集合場所である木曽川に着いたんですが、そこでまた…

 目的地の二ノ瀬が集合場所から車じゃないと行けないと勝手に判断して、

「今日は、木曽川を楽しんで帰る事にします。ごめんなさい…」

的なメールを打ってしまいました。

 木曽川に掛かる橋を渡って、しばらく走っていると電話が掛かってきました。

「そのまま走ってくれば、二ノ瀬に着くよ!」

 よくよく地図を見直すと、自転車で行ける距離に『二ノ瀬』の文字が…

(また早とちりしてしまったsweat01)

 こんな感じでグッダグダの連続でしたが、何とか峠の入口まで行く事が出来ました。そこで待っていたその方に、

「いろいろ申し訳ございませんでしたsign03

って言ったら、

「じゃあ、何処から叱ろうかなぁsmile

って笑って言ってくれて、ホッとしました。

 で、やっと坂を攻め始めたんですが、もの凄くしんどかったです。何度も投げ出そうと思ったことかsign03

 峠って、蛇行してて、景色が開けた先に、もの凄い登り坂があるって事が、何度もあるじゃないですか。あれが一番しんどかったですね。

(えっ、これだけ登ったのに、まだあんな坂があるのshock)

 でも、終盤になると、自分が登ってきた坂を見下ろしながら走ることが出来るので、精神的に楽になりますね。

だけど、この頃になると『燃料切れ』で脚力だけで坂を上れず、足を手で押しながらペダルを回すくらい、肉体的にはカツカツでした。

 全長6 kmの坂を登り終えた後の、達成感は何とも言えなかったですね。

(もう一往復したいとは思わなかったですが…)

 峠の頂上にある公園から見える景色はとても綺麗らしいですよ。お勧めのデートスポットらしいです。

(今日は曇っててイマイチでしたが↓)

Img_0224

 帰りは、酷いものでした。坂攻めで筋力を使い果たしてしまったので、スピードは出ないは、ちょっとの坂でヘバってしまうし。

 僕自身の『エンジン性能』である基礎体力の向上が必要である事を痛感しました。

 そして、

  • 事前にチェック (目的地、コース、所要時間)
  • チェックした結果を当日ちゃんと持っていく
  • 迷う事を前提にして、余裕を持って出発する

事が大切ですね。こういう事がOFFで出来ていないから、ONでやろうとするとシンドイでしょうね。

 でも、余裕を持って出発したとすると、4時起きshockさすがにしんどいですね。

今日の一枚

Thinking Out Loud / Bonnie Pink

Thinking Out Loud(初回限定盤)(DVD付) Music Thinking Out Loud(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:BONNIE PINK
販売元:WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
発売日:2007/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辻井伸行さんのラフマニノフ

 こんばんは。さっき、観てきました。ロシア・ナショナル・フィルのコンサートです。

ピアノの演奏をしていたのは、辻井伸行さん。この前バン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した時の人です。

 今日もコンサート会場には、マスコミが沢山来ていました。開演前と開演後のお客さんにインタビューしていました。

 今日の目的は、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を本場ロシアのオケで聴く事でした。

 感想ですが、激しく揺さぶるような所は、あまりグッと来なかったです。3月に観に行ったと日フィルと外山啓介さんの演奏の方が良かったです。

 一方で、ゆっくり壮大な感じの部分は、今日の方が良かったです。ずっしりと広がりのある感じが良かったです。

 他にも、チャイコフスキーの交響曲も演奏したのですが、疲れててウトウトしてしまいました。どんな曲だったか、正直あんまり覚えていません。

 で、全部の演目が終わった後が、ビックリでした。だって、アンコールを3回もやるんですから。アンコールでは、指揮者の方の動きもとても愉快でした。(走っている動きをしてみたり)

Ca3a0090

 平日にコンサート、なかなか良いですね。これからも月1ペースで続けていきたいと思います。

今日の一枚

Rachmaninov; Tchaikovsky: Piano Concertos / Sviatoslav Richter

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Music チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調

アーティスト:リヒテル(スヴャトスラフ)
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2001/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベーシスト 中村梅雀さん

 こんばんは、最近は家と会社の往復で、なかなか新しい話題も生まれて来ず。

何とも退屈な毎日を過ごしておりますわ。

 この前、インターネットでNHKの朝ドラ「つばさ」をキーワードにネットサーフィンをしていたら、意外な発見がありました。

 主人公「つばさ」のお父さん役をやっている中村梅雀さんって、ジャズベーシストだって事を知りました。ご自身のブログでも音楽の話題を取り上げてるし。(ブルーノート東京によく行ってるみたいです)

 ホームページに行ってみたら、本人作曲の曲が流れ出して、これがまた結構格好いいんですよ。

 ドラマの"ナヨナヨ"したキャラのイメージが強いので、とても意外でした。ネット動画で、御本人の演奏している映像があったので、もし良かったら探してみてください。

 で、明日は話題の辻井伸行さんの「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」を聴きに行きます。今回はオケが本場ロシアナショナルフィル。

いや~、楽しみですなぁ。

今日の一枚

Are You Dead Yet? / Children of Bodom

アー・ユー・デッド・イェット? Music アー・ユー・デッド・イェット?

アーティスト:チルドレン・オブ・ボドム
販売元:USMジャパン
発売日:2009/03/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車で刈谷まで

 こんばんは。研修前のグチ投稿以来になります。

あの研修ですが、内容が正直微妙でしたね。うちの社員が既に研修を受けて知っている内容ばっかりだったので。

 研修の内容を所属する開発部の社員向けに発表するように言われているんですが、何を発表すればいいか困りますね。

 こうなったら、自分が自己啓発で読んだ本の内容をちょこちょこ入れながら内容を面白くするしかないですね。

 まぁ、そんな事があった週の週末は、いつもと内容的には代わり映えしませんでした。なにせ、

  • ピアノのレッスン
  • ロードバイクでサイクリング

ですから。

 ピアノのレッスンについては、特別書くこともないので、今日はサイクリングの話題を書きたいと思います。

 今日、何だか天気が良かったから

(自転車に乗ろう!)

と思って、地図を広げて行き先を決めました。

(大高緑地って行った事ないから、そこにしよう!)

肌を露出する部分に日焼け止めを付けて、早速出かけました。

 道が狭くてゴミゴミしている名古屋の街中を30分位かけて抜けて、国道1号線(以下、国1)に出ました。国1を15分くらい東に向うと、すぐに大高緑地に到着しました。

 到着したのは良いのですが、大高緑地って、別に自転車で楽しむ場所でなくて、車で家族が来て、施設内にある公園や野球場、プールで遊ぶって場所だったので、楽しそうな家族連れの姿を横目に5分で通過しました。

 でも、雰囲気はとても良い所だったので、『大切な人とのんびり散歩』みたいな目的で行くと良いと思いました。

 このまま引き返しても、また狭くて走り辛い道を帰るだけで面白くないので、もう少し遠くまで行ってみようと考えていると、ふと思い出しました。

(刈谷に勤務していた頃、自転車で通勤したらどのくらい掛かるか調べてみようって考えてたなぁ)

実際にやってみました。で、これが意外と楽しかったです。

 JR東海道線の近くを通る道を走って、刈谷に向ったんですが、大高 ~ 大府 ~ 逢妻にかけて、自然の中を舗装された綺麗な道を颯爽と走れる道がたくさんあって、とっても気持ち良かったです。

結局、覚王山の寮を出発してから、1時間30分くらい掛けて刈谷駅まで行く事が出来ました。往復にすると、約3時間。

……自転車通勤、無しですね。

 刈谷に来た記念に、デンソーとアイシンの前を通って、そのまま帰りは国道23号線で帰ろうと思ったのですが、大きな間違いでした。

 23号線沿いをしばらく走っていると、途中からバイパスしか無くなってしまい、名古屋方面に向う道がなくなってしまいました。

 仕方ないので、南に下って、行きに使った道まで戻る事にしました。戻る途中で、川沿いを走る事があったのですが、川原では家族連れや若者集団が楽しそうにバーベキューしていました。

(川原でバーベキューなんて、もう何年もやっていないなぁ…)

って思い、ちょっと羨ましかったですね。

 そんな光景を横目に自転車を回して、何とか家まで帰ってきました。一日で60 kmも走っちゃいました。

 鈴鹿に住んでいる同期の所までが、およそ60 kmくらいなので、だいたいの感覚はつかみました。

 そして、一つ大きな教訓も得ました。夏場に長距離走るんだったら、日中を避けるように朝早くから出発する事。そうしないと、こうなっちゃいます。↓

Img_0214

今日走ったら、足がこんなになっちゃいました。一応日焼け止め付けて行ったのですが…塗り方がマズかったんですかねぇ。

あっ、汚い画像載せちゃってごめんなさいsweat01

今日の一枚

First Message / 絢香

First Message Music First Message

アーティスト:絢香
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/11/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

久しぶりに聴いたんですが、アルバム通して聴けるいいアルバムですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急な出張命令

 こんばんは。4月からドラマを結構たくさん見ています。

  • 白い春
  • アイシテル -海容-
  • スマイル

とまぁ、ちょっと暗い話題のドラマが多いです。

 今日、いつものようにシャカリキに仕事をしていたら、ちょっと偉い人が、

「おぃ、お前。明日この研修行って来い!」

と、まぁぞんざいな言い方で僕に外部研修参加を命じてきました。

(名古屋の何処でやるんだろう?)

って地図を見たら、『日比○』の文字が。

(なんだ、日比野でやるんだ。)

 日比野って言う地名が名古屋市にあって、最初パッと見てそう思ったんですわ。でも、よく見てみると、日比じゃなくて、日比でした。

(日比谷sign02東京じゃんsign03)

 東京出張を命令された事にやっと気付きました。

(はぁangry何、前日になって言ってんだよ。それに、出張だってちゃんと言えよ、ボケannoy)

あまりに酷い扱いに、かなりムカつきました。更に、研修のタイトルが

『気がきく社員』の仕事術

ときたものだから、思わず、

「気がきかない社員が気がきく社員になってきます」

的な憎まれ口を言ってしまいました。

 と、最初は嫌だったんですが、だんだん考え方が変わってきました。

(主催がみずほ総合研究所じゃん。シンクタンクの何かが吸収できるかもconfident)

(今の会社のガチガチな考えから脱皮する糸口があるかもhappy01)

(IT技術の研修じゃないから、異業種の人と交流できるかもflair)

 ネガティブな発想もとことん出来るんですが、ポジティブな発想へひょいっと転換するのも案外得意なんですわ、自分。

 という訳で、張り切って明日東京に研修受けに行ってきます。

喜んで、"気がきかない社員"から"気がきく社員"になってやろうじゃないかfuji

今日の一枚

Please Please Me / The Beatles

Please Please Me Music Please Please Me

アーティスト:The Beatles
販売元:EMI UK
発売日:2009/09/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

初期のヤンチャな感じが最近は好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千葉・房総に行ってきました

 こんばんは。昨日、今日と家族で旅行に行ってきました。場所は、千葉です。

 5月30日の夜に実家に帰って、両親と一緒に真夜中の12時(31日の午前0時)に千葉に向けて車で移動を開始しました。深夜の高速は、快調。"磐田"から"海ほたる"まで4時間くらいで到着しました。

 海ほたるで朝まで仮眠をとって、朝ご飯をとってから、弟の住んでいる千葉の稲毛へむかいました。

↓ 海ほたるの記念碑

Img_0095

 弟を乗せて、次に向ったのは、銚子。関東平野の再東端にある犬吠埼に行きました。

 犬吠埼では、ローカルな雰囲気たっぷりな水族館や灯台に行ってきました。水族館は、名古屋港水族館に比べて、見られる魚の数も少ないし、イルカのショーもこじんまりとしていましたが、それはそれとして楽しめた感がありました。

たぶん、家族で行ったからでしょうね。これが、友達同士や恋人同士だったら、なんか物足りないんでしょうが…

↓ イルカのショーの風景。

Img_0122

 良い所もありました。水族館にあった食堂で食べた魚はとっても美味しかったです。あれだけで、犬吠埼に来た甲斐があった、って思えるくらい美味しかったです。

 灯台は、『世界灯台100選』に選ばれているらしいですが、壮大さみたいなものは特になくて、海岸の景色も綺麗ですが、なんか特別な感じはしなかったですね。

 でも、うちの家族の旅行のマッタリした感じにちょうど合ってて、良かったと思います、はい。

↓ 灯台

Img_0154

 その後は、九十九里浜を横目に車を走らせて、旅館のある白子市に向いました。途中で、道の駅に寄って、ピーナッツ味のソフトクリームを食べて、千葉名物の落花生を味わいました。

 旅館に着いたら、すぐに前日からの疲れが一気に来て、食事までの間ずっと部屋で寝ていました。

 晩御飯も、良かったです。少ない量の料理が次々出てきて、どれも美味しい。今回の旅行は、観光よりも、おいしい食事を楽しめた、って印象があります。

↓ 旅館での晩御飯

Img_0177

 晩御飯を終えて部屋に戻ると、仲居さんがケーキを持ってきてくれました。母が前もって旅館の人に、誕生日ケーキを用意して欲しいってお願いしていたようで。

 一日早いけど、誕生日を祝ってもらいました。家族に、誕生日を祝ってもらうのは、高校生以来だったので、なんか不思議な雰囲気でした。旅館で用意してくれたケーキは、しつこくない甘さで美味しかったですね。

ありがとうございました。

 そして、今日は、弟が午後から大学の講義があると言う事で、千葉市内で観光をしました。千葉ポートタワーに登って、そこから千葉市内を見下ろしました。

↓ タワーからの景色

Img_0203

 旅行の最後は、千葉駅の近くのデパートのイタリアンレストランでパスタを食べて、そこからはバラバラに帰りました。弟は、大学へ、僕は電車に乗って名古屋に、両親は車に乗って実家まで帰りました。

 家族旅行は、他の旅行に比べて、あんまり色んなところに行かないので、ちょっとだけ物足りない気もするんですが、休暇をゆっくり過ごすって意味では、次の日に疲れを残さない程度に良い感じだと思います。

~ ここから違う話 ~

 今日、誕生日を迎える事が出来ました。これも、皆さんのお陰だと思っております。

いつもありがとうございます

いつまで経っても、至らない私ですが、これからもよろしくお願いいたします。

 最近、誕生日は人に祝ってもらう日というよりも、一年無事に過ごせた事を感謝する日なんじゃないかと思ったりしています。もう祝ってもらう歳でもないし。

今日の一枚

しずおかCD

 /しずおかcd /しずおかcd
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

静岡県ローカルCMの曲などが詰まったCDです。母からプレゼントでもらいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »