« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

夏といえば

 こんばんは。最近、残業時間の調整をしていて出社時間が遅くなった分、平日も夜更かし癖が抜けていない僕です。

皆さん、お元気でしょうか。

 昨日、はりきってスイミングしたせいか、今日は腕と胸と太ももの裏あたりがちょっぴり筋肉痛です。

自分のへな猪口さに落胆する一方で、翌日に痛みが来る事に安心したりしています。

 で、今日は何を思ったか、自分の中での"夏といえば"を無駄に書いてみたいと思います。

【食べ物】

夏といえば、

  • 焼きなす : アツアツの焼きなすで冷酒をキュッと。たまらんですね。
  • すいか : 志村けんのコントみたいに一度食べてみたいものです。
  • そうめん : 土曜の昼間、料理を作るのが面倒な時に、最高です。

【音楽】

夏といえば、

  • TUBE : 暑い夏の一人旅の出発はTUBEの軽快なナンバーで!
  • Bob Marley : あの新宿の夏は一生忘れられないぜ!
  • 山下達郎 : 曲を聴いているだけで、浜辺を思い浮かべてしまう。

【イベント】

夏といえば、

  • 花火 : 買ってやるもよし、地元の花火大会で心打たれるもよし。
  • 一人旅 : 青春18切符片手に、日常の柵から抜け出して心の浄化。
  • 音楽フェス : 気持ち悪いくらい汗だくになるけど、爽快な熱さがあります。

と書いてみたものの、夏といえばが乏しい自分。

もっとアクティブに!

今日の一枚

SEE YA / CHAGE & ASKA

SEE YA【初回生産限定】(紙ジャケット仕様) Music SEE YA【初回生産限定】(紙ジャケット仕様)

アーティスト:CHAGE and ASKA
販売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ
発売日:2009/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

太陽と埃の中で、チャゲアスの名曲だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【レビューNo.4】ザ・ゴール - 企業の究極の目的とは何か

読み終えた本が結構溜まってきたので、レビュー書きます。

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

      

買ったきっかけ:
会社の二年次研修の講師の先生が紹介しており、研修に参加していた同期も読みやすいって薦めていたので。

感想:
500ページを超える大作で、最初手にした時には読破できるか不安がありましたが、スラスラ読めます。TOC(制約条件の理論)についても、物語の中でわかり易く説明しているので、すんなり入ってきました。とても良い本だと思います。

おすすめポイント:
通常の自己啓発モノのように、「○○しなさい」ってひたすら書いてあるのではなく、物語を通じてTOC(制約条件の理論)を自然に理解出来るように書かれている所が最大のポイントです。
物語では、工場のラインの生産性向上について書かれていますが、工場のラインを業務プロセスに置き換えて考える事で、日々の改善活動を行う上でも役に立つ考えが得られると思います。

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

著者:エリヤフ ゴールドラット

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

| | コメント (0) | トラックバック (0)

規格外品の薦め

 こんばんは。毎日不安定な天気が続きますよね。

今日は、休日出勤した分の代休を取っていました。

『みんなが仕事している時に休んでるぜ!Yeah!』

みたいなノリは全くなく、週末の休みが一日多い程度の感覚しかなかったです。

 午前中は、市営のプールに行ってきました。朝10時の開場とほぼ同時に入ったんですが、既におじいさん/おばあさんが沢山いました。彼ら/彼女らは兎に角早いですね。

 4月以来ずっと泳いでいなかったので、フォームも崩れていたし、スタミナも落ちてて、散々でした。結局1000 mだけ泳いで帰ってきました。

午後からは、健康診断を受けてきました。

 会社から6月末までに受診しろと言われていたにも拘らず、ずっと無視していたのですが、何度も警告メールが来たので、行く事にしました。

 毎年そうなんですが、この健康診断が工場のラインかと思うくらい流れ作業的に進むんですよね。自分が、

(工場で生産される一製品なのでは?)

って思えてきます。

 で、そんな中、僕は毎年『規格外品』としてラインから外れる瞬間があるんです。それが、採血です。

 何度も書いたかと思うんですが、昔健康診断の採血中に気絶した事があって、それ以来、採血をする時には、

「すみません、採血寝てやってもらえませんか?」

って言って、横になりながらしてもらう事にしています。

 で、この瞬間は、極めて人間的な扱いを受ける事が出来るんですよね。

もし、人間的な扱いを受けたいと思ったら、敢えて『規格外品』になってみるのも良いかもしれませんよ。

今日の一枚

Songs About Jane / Maroon 5

Songs About Jane Music Songs About Jane

アーティスト:Maroon 5
販売元:A&M / Octone
発売日:2002/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

タイ旅行で、ルンピニ・ナイト・バザールの特設ステージでアマチュアバンドがコピーしていたのを聞いて以来、結構頻繁に聴いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No More Trouble

 こんばんは。更新滞ってしまい、申し訳ございませんでした。

ここ一ヶ月をちょっと振り返って日記書きたいと思います。

 今からほぼ一ヶ月前、仕事中に偉い人に呼び出されて、トラブル・プロジェクトに支援で参加するよう指示されました。

「○○プロジェクト(以後、Mプロジェクト)で人が必要だから、今日から参加してくれ。」

 当初4人で進めていたプロジェクトでしたが、納期に間に合いそうもないと言う事で、次々と人が投入されて、最終的に16人に膨れ上がったプロジェクトです。

 僕は、プロジェクトの終盤である納期の1ヶ月前に、投入されました。

 Mプロジェクトに投入された翌日の進捗会議に参加して、早速ビビリました。メンバーの作業進捗を1日単位で管理して、遅延をリカバリーのために、誰がサポートに入るかと言った話がどんどん決まっていく。

(自分の進捗の遅れを取り戻すために、他の人が残業してリカバリーする事が起こり得る。)

 それから一ヶ月間、作業進捗が遅延しないよう(もちろん、品質も意識しつつ)、毎日緊張感の中で仕事してきました。

 仕事の内容としては、制御系ソフトウェアの外部テスト仕様書作成。これまで開発経験の無い制御系の、それも上流工程の知識が必要となる仕事に、最初は大きなプレッシャーを感じていました。

 最初の頃は、兎に角わからない事は質問しまくって、メンバーの貴重な時間を食い潰していました。

 ある日、あまりに酷いので、

「君のわからない事を全部私が教えているよね。それじゃあ、学生と同じだよ。自分で頭を使って成果を出して、初めて高い対価をもらえるんじゃないの?」

って怒られました。『ガツーン』と頭を殴られた感覚でした。

 自分に、『若手だから』って甘えがある事を強く自覚しました。

 既に、一人の技術者として扱われているんだと思って、それから少しずつではありますが、仕事のやり方を変えていきました。

 いろいろと資料を調べながら、わからない事を一つ一つ潰しながら、着実に進むようになってきました。

 少しずつ仕事の全体像が見えるようになってからは、プロジェクトのメンバーと雑談にも加われるようになって、だんだん楽しく仕事が出来るようになってきました。

 最終的には、自分の担当分の仕様書作成は、予定よりも1週間前倒しで作る事が出来て、他の人のサポートにまわる事になりました。

 今まで、失敗ばかりしていた自分が、初めて仕事で成功体験をする事が出来て、最後にはなかなかハッピーな終わりを迎える事が出来て、とても良かったです。

 更に、トラブルが起こった時に、スピード感を持って解決策を出して、トラブルを解消していくプロジェクトリーダーの姿を肌で体感できて、とても貴重な経験が出来ました。

 そして、膨大な仕事をこなす為に、毎日夜遅くまで残業し、休日出勤もして、キツイ状況でありながら、楽しく仕事が出来るように自ら雰囲気作りをするリーダーを、本当に尊敬しました。

 一人称で考えているのでは、決して出ない発想ですね。やはり凄い人は、視野が広くて、二人称・三人称で物事をとられていますね。

 とても良い経験が出来たんですが、やっぱり休日も会社に来たり、家に寝に帰るだけの生活はやっぱりシンドイです。もういいなぁ、って思います。

We don't need no more trouble.

今日の一枚

Catch a Fire / Bob Marley & The Wailers

Catch a Fire Music Catch a Fire

アーティスト:Bob Marley & The Wailers
販売元:Island/Tuff Gong
発売日:2001/06/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »